TEXでテキストの文字色を変更する方法 2通り

最近、TEXで文字色を変更しようと思う度に検索して調べている気がするので、記事としてまとめておきます。

論文執筆といえば、TEXを使うという方が多いんじゃないかと思うのですが、論文の査読などの過程で、査読者に修正箇所を色付きで示したいということが結構あります。

そういう用途にフォーカスして、TEXで文字色を変更する方法を二つ示します。

方法1 色名を指定して色を変更する方法(\textcolor{色名}{文}を使う方法)

一番簡単な方法で、\textcolorタグの中で、直接色の名前を指定してしまう方法です。

必要な手順は以下となります。

  • \usepackage{color}を頭に加え、colorパッケージを使用できるようにする
  • 文中で「\textcolor{red}{—-}」とすることで、—-の中に入っている文の色が変わる(この例では赤に変わる)。

自分の知る限りでは指定できる色はred,blue,green,yellow,cyan,magenta,white,blackの8色が名前で指定できます。

以下にTEXのサンプルコードと、実際のPDFの出力例を示します。

個人的には使う文字色が少なければ、このコマンドで十分だと思います。

しかし、こないだ遭遇したのは、査読者ごとに色分けをして修正箇所を示そうとしたときに、色を複数使いたかったのですが、このコマンドで出てくるgreenやyellowって白背景をバックグラウンドにするとすごく見づらいんですよ。

だから、コマンドとして8色あっても、まともに使える色って3~4色くらいしかなくって、もっとカラフルに色分けしたいときに、このコマンドでは対応しきれなかったんですね。

そこで、以下にこのコマンドの発展として、RGB成分のそれぞれの大きさを指定して、文字色を柔軟に変更するコマンドを示します。

方法2 色成分を基に柔軟に色を変更する方法

こちらも方法1と同じ\textcolorを使いますが、構文が異なります。

以下に書き方の例を示します。

\textcolor[rgb]{0.1, 0.5, 0.1}{変更したい文字}

の形で指定をします。 {0.1, 0.5, 0.1}の部分が色を決定する部分で、ここを変更することで様々な色を柔軟に表現することが可能です。

数字は左からRGB成分のそれぞれの大きさを表していて、大きさは0~1に正規化されているので、{1,0,0}なら赤に、{0,1,0}なら緑、{0,0,1}なら青のように、値を指定することで好きな色を作ることが可能です。

こちらのコマンドを使うと、(1)のGreenでは黄緑で見づらかった緑を、濃い目の緑などにチューニングして色を変更できるため、従来よりも多くの色の表現が可能になります。

もちろん、こちらも\usepackage{color}が必要です。

基本的には、この二つのコマンドさえ知っていれば、テキストカラーの変更には柔軟に対応と考えています。

まとめ


textcolorコマンドを使うことで、簡単に文字の色を変えることが可能です。
変更箇所をわかりやすくするなどの用途のために、是非利用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする