Windows11のタスクバーから不要なアプリを削除する

Windows11のタスクバーに、よく使うアプリをピン留めしておくと便利ですよね。ただ、なるべく使わないアプリはタスクバーから外しておきたいということがあると思います。

今回はそのやり方を簡単に解説します。

タスクバーから不要なアプリを削除する(通常)

多くのアプリは、下記のようにタスクバー上で、アプリのアイコンにカーソルを合わせて右クリックをすることで「タスクバーからピン留めを外す」という項目が出てくるため、ここからピン留めを外すことができます。

タスクバーから不要なアプリを削除する(特定のアプリのみ)

一方、右クリックをしても、この項目が出てこないアプリもあります。例えば「チャット」や「ウィジェット」などのアプリです。

「チャット」や「ウィジェット」は必ずしも万人が使うアプリではないので、使わないのであればなるべくタスクバーをすっきりさせるために消しておきたいところです。

これらのアプリはどのようにタスクバーからピンを外すのでしょうか。実はこれも簡単にピン留めを外すことができます。

まず、タスクバー上の何もない領域で右クリックをすると「タスクバーの設定」というボタンが出てきますので、これを選択しましょう。

これにより、以下のようにタスクバーの設定画面が出てきますので、ここでオン/オフを切り替えればOKです。これにより「チャット」などのアプリもタスクバーからピン留めを外すことが可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする